スペインという国に憧れて

スペインの不動産
www.todocasa2020inmobiliaria.com

スペインの不動産

スペインの不動産市場は、成長率の20%近くもを記録したとき2003年にピークに穏やかに下がったが、平均およそ7%の年率で、最近までまだ成長しました。
しかし、2007年に、マドリード証券取引所プレゼンテーションと不動産関連の株のゼネコンは国内不動産市場の泡懸念とアメリカ合衆国からの出発のサブプライム・ローン(信用の低い個人のための住宅ローン)問題のワンツーパンチから急落を作りました。
そして、懸念が将来一気に強くなりました。
ところで、今後はアメリカ合衆国のサブプライム問題の影響を最も強く受けることを心配していることは、スペインとアイルランドです。
これは、最近の急成長が建設と住宅バブルによって2カ国で引かれたからです。
特に、それのためにこれらの過去数年の間EU加盟国で最も大きなスペインの不動産産業で冷たいように、不動産開発者が著しく巨大である残った商品記事を、住宅着工の成長が持つと言われます。スペインの銀行信用の賃貸は50%以上が不動産に関すると話されます。
そして、長期の住宅ローンを50を通しての40と呼ばれているようにしている多くの人々がいる点を含みに、合計額が3000億の意志にそれの上に行くと言われます。
また、そんなにこれらの10年間の数回になった不動産価格と比較すると、個人所得は増加しません。
しかし、それがラテンの気質であるかどうかにかかわらず、推測目的で不動産投資をしている人々の終結がないと言われます。
そのうえ、不動産を所有することはスペイン人です。
そして、可処分所得の間の住宅ローン払い戻しの平均比率が50%で間近であると言われます。
言うまでもなく、好ましい状況は、半分より少なくなければなりません。
50%は、危険領域です。

マドリードについて

copyright(C)スペインという国に憧れて