スペインという国に憧れて

スペインの立ち位置
www.todocasa2020inmobiliaria.com

スペインの立ち位置

1986年のEC参加の後、他のEU諸国との関係は、EUのメンバーとして間近になります。
旧植民地であったラテンアメリカ国で伝統的な友好関係にとって非常に重要になります。
そして、ターンのそばにいます。
そして、スペイン・ポルトガルとラテンアメリカ国の間で毎年開かれたイベロアメリカ首脳会談に参加してください。
しかし、スペイン会社があまりにたくさんラテンアメリカに入るので、部分(しかし、当初、国の回復キャンペーンは文字通りここのイスラム教によって「再征服」を征服しました)のラテンアメリカのためのReconquistaである批判があります。
そのうえ、イスラム教文化の影響は特に南Andalucia地区に非常に強くとどまることができます。
そして、それが他のEU諸国と比較するとイスラム教国で友好関係の建設のために比較的積極的であると言われるかもしれません。
Ceutaの復帰とアフリカの大陸にあるスペイン領域のMelillaの上に、スペインにはモロッコと領土の問題があります。
そのうえ、スペインが1801年以降効果的に支配するオリベンサのために、ポルトガル要求は戻ります。
しかし、あなたが2カ国を統一しなければならないというイベリスモ考えがポルトガルの間に存在します。

スペインの治安スペインという国

copyright(C)スペインという国に憧れて